読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽこぽこ作戦です!

こんにちは

裏切りのサーカス

映画

裏切りのサーカス、一応スパイ映画とは謳っているものの、世間一般に想定される派手なアクションが用いられるようなスパイ映画とは全く違うものであり、私には難しい内容の映画だった。

 

まず、見ていて思ったことはキャストが非常に豪華であるということである。

ほぼ全員が色々な映画で主役を演じているような有名な方たちばかりで大変驚いた。

主人公のゲイリーオールドマンはクリストファーノーランのバットマンにおけるジムゴードンやハリーポッターシリウスブラックが有名であるし、コリンファースは英国王のスピーチキングスマンで名を知られているし、その他の俳優も他の映画で一度は見たことある実力派ばかりである。これだけの俳優を集められる映画はなかなかないと思ったので、その点においては見ていてとても楽しかった。

 

ストーリーに関して言うと、とても難解なものであった。基本的に人物の説明等が少ないので人物相関が分かりにくく名前を言われても誰のことを言っているのかわからない、そんな時が多々あった。この作品は人物相関が非常に重要となってくる映画なのでそこが押さえられていないと理解も難しいのである。また、ストーリーも無駄なところが省かれており、時系列も動いたりするので、空いている部分は自分で補完しなくてはならなかった。そうした意味で話の理解も私にとってはかなり難しいものとなっていた。

 

冒頭で記述した通り今作は一応スパイ映画という事なので、多少はスパイ映画の代表とされるミッションインポッシブルシリーズのような派手なアクションもあるのではと期待していたのだが、そういったものは全くなかったので若干残念だった。しかしこういうアプローチでのスパイ映画は初めて見た気がするので新鮮な気分ではあった。

 

この作品はおそらく何回もみる事で理解ができる映画であると感じた。それゆえに1回だけでは理解が進まず難しいものであった。何回も見ることにより物語の背景やストーリー、登場人物の考えなどがわかるようになって初めてこの映画良さが分かるのであろう。